開講の目的

ファーマコメトリクスとは、数理モデルと計算機科学を用いて薬剤の効果および副作用を解析し且つシミュレーションする手法であり、新医薬品の開発や臨床での薬剤適正使用に応用します。新薬開発には数百億円という莫大な費用のかかる臨床試験が必要ですが、そこに計算機科学を導入することにより、より早くより効率的に最適解(最適の用量用法)に到達できます。今やグローバル製薬企業はこぞってファーマコメトリクスを新薬開発のコア技術として活用しており、その専門技術を有する人材は世界的に渇望されています。一方、医薬品を使用する医療側もファーマコメトリクス・データを読み解く力が求められています。

このような次世代型プロフェッショナル人材を殿町キャンパスから世界に向けて輩出する一環として、本コースはファーマコメトリクス・エキスパート育成を目的として開講します。

受講対象

基礎編・中級編・応用編と続く一連のコースでファーマコメトリクスの専門知識および解析スキルを習得することにより、将来活躍の場は大きく広がります。薬学・医学・工学・数学・農学のさまざまな領域の方々、または学部生、大学院生、企業・医療機関・行政機関などに所属し、専門性を高める意欲をお持ちの方々にとって最適の自己啓発コースです。

今回実施する中級編の受講資格は、本コース基礎編の修了者、または本コース中級編の修了者で再受講を希望する者です。

受講条件

    1. 3日間を通してすべてのプログラムを受講することが条件です。
      3日間を通しての一貫プログラムですので、部分的な参加は認めません。欠席者は、今後、本コースの参加を認めないことがあります。
      また中級編を修めた人は今後開講する応用(上級)編を受講することができます。
    2. 演習に必要な解析ソフトウェアに関する知識は不要です。
      ハンズオン演習では各自がソフトウェアPhoenixを用いて解析を実施しますが、本ソフトウェアをインストールしたPCを貸与し且つ操作法を解説しますので、事前知識は不要です。

プログラム

【到達目標】

  • 母集団解析の概念を理解する。
  • 厚生労働省「母集団薬物動態・薬力学解析ガイドライン(案)」で示される一連の流れを理解する。
  • 母集団解析に関する実践的知識とスキルを習得する。
    • 母集団薬物動態モデルおよび母集団薬物動態・薬力学モデルの構築
    • 構築したモデルの適格性評価
    • 解析報告書の作成と提出

【講義、ハンズオン演習、グループワーク】

本コースでは十分なハンズオン演習時間を提供するために自習時間を設けます。その日に学んだ知識やスキルを復習し定着させるために、最長21時まで自習可能です。自習時間もチューターが指導します。

1日目
8月29日(水) 10:00~17:00 (ハンズオン自習は17時以降21時まで可能)
  • 講義: 母集団薬物動態(PPK)解析の理論と解析手順
  • 演習: PPK基本モデル(構造モデルおよび誤差モデル)の構築とモデル診断。
  • 18:00より 全員交流会
2日目
8月30日(木) 10:00~17:00 (ハンズオン自習は17時以降21時まで可能)
  • 講義: 母集団薬物動態・薬力学(PPK/PD)解析の理論と手順
  • 演習: 共変量モデルの探索を経てPPK最終モデルを構築する。さらに、PPK/PDモデルを構築し、投与設計のためのシミュレーションを実施する。
3日目
8月31日(金) 10:00~17:00
  • 講義: モデルの適格性評価、および母集団解析報告書の作成法
  • 演習: 与えられた課題(データセット)を用いて各自がPPKモデルおよびPPK/PDモデルを構築し、その適格性評価(VPC、ブートストラップ)を行った上で、解析報告書を作成する。
  • 課題に関するグループワーク、プレゼンテーション、ディスカッション
主 催 リサーチコンプレックス推進プログラム中核機関(慶應義塾大学)
協 力 サターラ合同会社(Certara G.K.)
後 援 日本製薬工業協会
コース責任者 谷川原 祐介(慶應義塾大学医学部臨床薬剤学 教授)
チューター

網崎 孝志(鳥取大学医学部保健学科 教授)
永井 尚美(武蔵野大学薬学部薬学科 教授)
岡田 章 (武蔵野大学薬学部薬学科 助教)
笠井 英史(サターラ合同会社)
小川 隆則(サターラ合同会社)
千村 淳 (サターラ合同会社)
※演習に必要なソフトウェアをインストールしたパソコンは貸与しますので持参不要です。

受講料
  • 学部生、大学院生:無料
  • 学校法人、行政機関、国公立研究機関、病院に勤務する者:無料
  • 企業に勤務する者:48,600円(税込)
    ※ 殿町リサーチコンプレックス推進プログラムの提案機関、参画機関は30%割引金額とさせていただきます
全員交流会 受講者・チューター・講師間の交流と情報交換を図るために、コース初日の夕刻に全員参加の交流会を開催します。
日時: 8月29日(水) 6PMから約1時間程度
参加費: 2,000円
定 員 20名程度 (応募者多数の場合、受講者を選考させていただきます。)
会 場 慶應義塾大学殿町タウンキャンパス セミナールーム
(神奈川県川崎市川崎区殿町三丁目25-10 Research Gate Building TONOMACHI 2A-棟 4階)アクセス

(京急大師線「小島新田」駅下車徒歩約25分 または 「川崎駅前」より臨港バス「川02:キングスカイフロント東」行きバスで約30分、「キングスカイフロント西」にて下車、徒歩すぐ)

受講申込 受講ご希望の方は、本ページ下記フォームからお申込みください。
参考情報(宿泊施設) ご遠方から受講ご希望の方へ
殿町地区に新たにホテルが開業しました。
https://www.tokyuhotels.co.jp/kawasaki-r/index.html
申込締切 2018年8月15日(水)
受講申込の流れ
  1. 募集開始
  2. 受講希望者⇒ウェブサイトから受講申込ください。
  3. 運営事務局⇒申込者へ受理メールを送付いたします。
  4. 運営事務局⇒申込多数の場合は選考を行います。
  5. 運営事務局⇒受講者確定後、該当の申込者に受講証をメールにて送付いたします。
キャンセルの連絡 お申し込み後にやむを得ない理由によりキャンセルされる場合には、運営事務局までメールにて速やかにご連絡ください。
キャンセルポリシー お申し込み後にキャンセルをされる際には、必ず受講日の3日前までに運営事務局あてにメールにてご連絡をお願い致します。
ご連絡なくキャンセルをされた場合には、今後実施予定の講座へのエントリーをお断りすることがございますのでご留意願います。
講座日時の変更について 本スクールの都合により開催日時を変更する場合には、講師の急病などやむを得ない場合を除き、原則として講義開催の7日前までに運営事務局よりメールまたは電話にてご連絡いたします。
その際、改めて参加・不参加のご希望を確認させていただきます。
講座日時の中止について 本スクールの都合により講座を中止する場合には、講師の急病などやむを得ない場合を除き、原則として講義開催の7日前までに運営事務局よりメールまたは電話にてご連絡いたします。
天候事情などによる受講キャンセルについて 運営事務局から講座の変更・中止のご連絡を行わない限り、当日の天候事情(降雪などの事由)により欠席される場合にも受講者の都合でのキャンセルとなりますことを、予めご了承ください。
運営事務局(問合先) 殿町ウェルビーイングイノベーションスクール運営事務局
(運営元:エリアワークス株式会社 担当/根本)
E-mail: school@tonomachi-wb.jp / tel:044-201-7815

お申込

お手数をお掛けいたしますが、必須項目については全てご入力下さい。所属部署などがない場合は「なし」とご記入下さい。
個人情報に関する取り扱いについて

ご所属機関(団体)/ 学校名
ご所属部署名 / 学部名
ご役職 / 学年
お名前
お名前(フリガナ)
メールアドレス
お電話番号
受講を申し込んだ動機
期待すること
年齢
性別
業種
職種
知ったきっかけ






その他お問合せ事項