開催概要

リサーチコンプレックス推進事業における各種ICTプロジェクトの紹介を通じて、人工知能や深層学習等を含む最先端データサイエンスの動向を解説し、 具体的な社会実装の手順を示しつつ、どのように地域や国全体のWellbeigの向上に貢献できるのかを、講義やパネルセッションを交えながら解説します。

日 時 2017年10月26日(木)11月30日(木)12月21日(木)2018年 1月31日(水)
16:00~19:30
会 場 2017年10月26日 会場
川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)
(〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-13)地図

2017年11月30日 会場
ライフイノベーションセンター (LiC)
(〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-22)地図

2017年12月21日 以降の会場
川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)
(〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-13)地図

※会場は変更となることがございますので予めご了承を願います。変更等ございましたら逐次ご連絡を致します。
教育目標
  1. ヘルスケア領域の情報プラットフォームの考え方と最新状況について理解する。
  2. 人工知能化を含むヘルスケア領域の情報化の将来像について知る。
プログラム ※プログラムは変更となる場合がございますことを予めご了承願います。変更の際には改めてご通知を致します。
2017年10月26日(木) 講義と演習:Person-centered Open Platform for Wellbeingとは何か?
コーディネーター:宮田 裕章(慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学 教授)
2017年11月30日(木) 講義と演習:次世代型ヘルスケアシステムやAIの現状と展望
コーディネーター:宮田 裕章(慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学 教授)
2017年12月21日(木) 講義と演習:大規模計算とビッグデータ解析を活用した創薬の到達点
コーディネーター:秋山 泰(東京工業大学情報理工学院 教授)
2018年 1月31日(水) 講義と演習:Wellbeigを実現するコホート研究のフロンティア
コーディネーター:武林 亨(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科 委員長、医学部衛生学公衆衛生学 教授)
定 員 30名
コース責任者 宮田裕章
慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学 教授
受講条件
  • 4日間すべての講義を受講する。
  • ヘルスケアに関する基礎知識または実務経験を有すること
受講料

学部生・大学院生・社会人:無料

※本講座は国立研究開発法人科学技術振興機構の「リサーチコンプレックス推進プログラム」の一環による助成を受けて開催するスタートアップ講座として特別に無料にて受講いただけます。
参加申込 参加ご希望の方は、本ページ下記フォームからお申込みください。
お申込締切日 2017年10月10日(火)
受講申込の流れ
  1. 募集開始
  2. 受講希望者⇒ウェブサイトから受講申込ください。
  3. 運営事務局⇒申込者へ受理メールを送付いたします。
  4. 運営事務局⇒申込多数の場合は選考を行います。
  5. 運営事務局⇒受講者確定後、該当の申込者に受講証をメールにて送付いたします。
キャンセルの連絡 お申し込み後にやむを得ない理由によりキャンセルされる場合には、運営事務局までメールにて速やかにご連絡ください。
キャンセルポリシー 本講座は無料の為、キャンセル料金はかかりませんが、お申し込み後にキャンセルをされる際には、必ず受講日の3日前までに運営事務局あてにメールにてご連絡をお願い致します。
ご連絡なくキャンセルをされた場合には、今後実施予定の講座へのエントリーをお断りすることがございますのでご留意願います。
講座日時の変更について 本スクールの都合により開催日時を変更する場合には、講師の急病などやむを得ない場合を除き、原則として講義開催の7日前までに運営事務局よりメールまたは電話にてご連絡いたします。
その際、改めて参加・不参加のご希望を確認させていただきます。
講座日時の中止について 本スクールの都合により講座を中止する場合には、講師の急病などやむを得ない場合を除き、原則として講義開催の7日前までに運営事務局よりメールまたは電話にてご連絡いたします。
天候事情などによる受講キャンセルについて 運営事務局から講座の変更・中止のご連絡を行わない限り、当日の天候事情(降雪などの事由)により欠席される場合にも受講者の都合でのキャンセルとなりますことを、予めご了承ください。
お問合せ 運営事務局
info@tonomachi-wb.jp