開講の目的・目標

新たな時代を牽引する人材の育成に向けて、理数・情報分野・医療・健康(ヘルスケア)等に意欲や興味を持つ高校生を対象とした科学力・実践力アップの新しいプログラムです。文部科学省・科学技術振興機構による殿町リサーチコンプレックス推進プログラムの一環として、中核機関である慶應義塾大学が中心となって、米国で科学技術競争力強化を目的に導入されているSTEM教育に、システムデザイン思考を導入したアントレプレナー教育を加えた慶應義塾独自の”STEM-E”(Science, Technology, Engineering, Mathematics & Entrepreneur)プログラムを構築し、地域の教育システムとの連携のもとに、理系人材の裾野を広げ、生徒たちの科学を実践する能力の更なる伸長を図ります。

概要

普段何気なく思っている心と体の素朴な疑問を研究課題として研究テーマアップの力を身に着けます。更に研究課題の解決に向けて、研究計画の作成、調査、結果のまとめ、発表、考察という研究の一連の進め方を実践し、チームビルディング、ブレインストーミングといったイノベーションを起こすために必要な手段をグループワークを通じて学びます。

プログラム

10:00-10:10 開講の挨拶
10:10-10:30 チーミングと自己紹介
10:30-11:15 特別講義
       前野 隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長 教授、ウェルビーイングリサーチセンター長)
11:15-12:00 グループディスカッション、質疑応答
12:00-13:00 昼休み
13:00-16:30 ワークショップ
16:30-17:00 振り返り、解散
※プログラムは変更となる場合がありますことを予めご了承ください

日程 2019年3月27日(水)10:00-17:00
場所 慶應義塾大学殿町タウンキャンパス Tel:044-201-7466 (川崎市川崎区殿町3-25-10 RGB Tonomachi 2A棟 4階 )
主催 慶應義塾大学(殿町リサーチコンプレックス推進プログラム中核機関)
コースコーディネーター

前野 隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長 教授、ウェルビーイングリサーチセンター長)
吉元 良太(慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター特任教授、リサーチコンプレックス推進プログラムオーガナイザー)
神武 直彦(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授、ウェルビーイングリサーチセンター 兼担教授)
武林  亨 (慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科委員長、医学部衛生学公衆衛生学 教授)
宮田 裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学 教授)

受講資格 理数・情報分野・医療・健康(ヘルスケア)等に関心、意欲のある高校生
定員 20名程度
受講申込 応募フォームからのお申し込み下さい
応募締切 2019年3月20日
メンタ― 慶應義塾大学教員や大学院生などを予定
受講料 無料(会場までの往復交通費は受講者負担となります)
受講申込の流れ
  1. 募集開始
  2. 受講希望者⇒ウェブサイトから受講申込ください。
  3. 運営事務局⇒申込者へ受理メールを送付いたします。
キャンセルの連絡 お申し込み後にやむを得ない理由によりキャンセルされる場合には、運営事務局までメールにて速やかにご連絡ください。
キャンセルポリシー お申し込み後にキャンセルをされる際には、必ず受講日の3日前までに運営事務局あてにメールにてご連絡をお願い致します。
ご連絡なくキャンセルをされた場合には、今後実施予定の講座へのエントリーをお断りすることがございますのでご留意願います。
講座日時の変更について 本スクールの都合により開催日時を変更する場合には、講師の急病などやむを得ない場合を除き、原則として講義開催の7日前までに運営事務局よりメールまたは電話にてご連絡いたします。
その際、改めて参加・不参加のご希望を確認させていただきます。
講座日時の中止について 本スクールの都合により講座を中止する場合には、講師の急病などやむを得ない場合を除き、原則として講義開催の7日前までに運営事務局よりメールまたは電話にてご連絡いたします。
天候事情などによる受講キャンセルについて 運営事務局から講座の変更・中止のご連絡を行わない限り、当日の天候事情(降雪などの事由)により欠席される場合にも受講者の都合でのキャンセルとなりますことを、予めご了承ください。
運営事務局(問合先) 殿町ウェルビーイングイノベーションスクール運営事務局
(運営元:エリアワークス株式会社 担当/根本)
E-mail: school@tonomachi-wb.jp / tel:044-201-7815